視神経に有害な光線を防ぐ

アクリル板

液晶テレビになったことで、一番変わった点を挙げるとすれば画質がきれいになったことです。ブラウン管テレビの時は赤と黄色と緑をうまく組み合わせることで配色を作っていたのですが、液晶テレビは3色以外の青や紫などの配色を取り付けることで鮮やかな光景を映し出しています。画質がきれいになったことでテレビやパソコンで見る映像はより楽しさが増したといえますが、ただ決して良い面だけではないです。その液晶テレビになったことで増えたのが、極度の目の疲れに悩む人になります。画質がきれいになったのは良いことなのですが、その光の中には刺激が強いものが存在するのです。目の疲れが蓄積すると不眠症や目の病気の原因になるため、それを防ぐことがテレビやパソコンを作る企業にとって解決しないといけない課題となっています。その課題をクリアするために、各企業が協賛してフィルター企業に製造を依頼したのがE-CM500Sです。

近赤外線とブルーライトが原因

ガラス

各企業が協賛してフィルター企業に製造を依頼したのがE-CM500Sというのは、正式名称として近赤外線カットフィルターといいます。この近赤外線カットフィルターは光を放つ光源の前に設置することよって、刺激の強い光だけ透過させずに吸収する役目を担うのです。刺激の強い光の代表格となるのが、近赤外線と青を基調とした光です。これらの光の特徴というのは、透過率が高く目の奥にまで光が届いてしまう点になります。目の奥にある視神経に光が届いてしまうと、強い刺激が脳に作用することで疲れてしまうのです。もちろんテレビやパソコンの設定で抑えることもできますが、それでも刺激に対して防ぐのには限度があります。

光を吸収して刺激を少なくする

アクリル板

設定での限度を超える光の刺激を抑えるためには、やはり強い光自体を何とかするしかないことが分かります。そこでE-CM500Sなどの近赤外線カットフィルターを取り付けることで、その刺激をなくす取り組みをしています。この近赤外線カットフィルターは視神経に影響が出る近赤外線や青を基調とした光が出た時に、フィルターが光線を吸収するのです。刺激の強い光を吸収してしまえば、あとは遠赤外線と刺激の薄い光線だけが残ります。もちろん強い光を吸収したからと言って画質が落ちるというわけではなく、うまく光をコントロールすることできれいな状態で見ることができるのです。そしてE-CM500Sもまた年々進歩しており、より小型軽量が進められることでスマートフォンやタブレットにも利用されるようになっています。このようにE-CM500Sが開発されたことによって、目の負担が少ない中できれいな画質の映像を場所を問わずに楽しめるようになっているのです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中